究極のリアリティ。人間に近すぎて、メイキング過程で思わず声を上げそうになる超現実的人形職人のテクニック


image credit:rubenorozcoloza/instagram  まるで義眼を入れているかのように見えるがこれは人形である。

 メキシコ、グアダラハラ出身のアーティスト、Ruben Orozco Lozaの手にかかれば、思わず動き出しそうなほどリアリティがあるレプリカ人形になるのだ。

 リアリティゆえに制作過程で思わず声が出そうになるほどだ。

生身の人間をいじっているかのように見えるから。