高速道路で居眠り運転をする車を発見!でも大丈夫、自動運転のテスラだからね?


 無人化が期待されるなど、車の自動運転機能の開発は世界中で進んでいるが、先日アメリカの高速道路で目撃されたドライバーの姿が物議をかもしている。

 その車は時速120キロで走るテスラ社のモデル3で、運転席の男性は居眠りしているようだった。

 車の自動運転機能にまかせっきりに見えるドライバー。

   この動画をめぐり、ツイッターではさまざまな意見が浮上。

その一方でテスラ社が不適切な運転をやめるよう呼びかけ…