オスのヤスデの生殖器は光。紫外線に照らされると蛍光色を放つため種の判別に役立つ(米研究)


(c) Stephanie Ware, Field Museum  ヤスデの外骨格は紫外線に照らされると緑、黄、青、ピンクの蛍光色を放つ。

だがそれは外骨格だけではない。

オスの生殖器だって立派に輝くのだ。

 じつはこれ、節足動物において一般的な現象で、サソリでは1950年代から研究が行われてきた。

 進化生物学者のペトラ・シアヴァルト氏(米フィールド博物館)が引き出しからヤスデの標本を引っ張り出してみたのも、こうした研究がきっかけだ…