自然界の食物連鎖をもてあそぶ存在、それがカラス。ハクトウワシがカモメを狩ろうとしたその瞬間・・・集団が加勢に入った


 自然界には食物連鎖がある。

生物は、どんな形であれ自分以外の生物を利用して生きているが、その典型的なケースが、他者の捕食である。

 例えば、草を食べる昆虫は小鳥に食べられる。

その小鳥は大型の鳥に捕食され、その個体もさらに強い個体に捕食される。

そういった連鎖があるにはあるのだが、そこに多様性があるのも事実だ。

 カラスのような知能が高く、社会性を持つ鳥は、食うか食われるかの世界の中、上位捕食者を集…