知覚過敏な歯と体にやさしい。紅茶キノコを使ったジオメトリックなフルーツアイスキャンディーが登場(アメリカ)


 日本では、健康食品として1970年代に流行した紅茶キノコ。

これは紅茶か緑茶に砂糖を加え、そこに酵母と酢酸菌の共生培養でできるスコビー(SCOBY)というゲル状の種菌を漬け込んで発酵させたものだ。

 欧米では「コンブチャ」と呼ばれ、タブレット錠にしたものが人気の健康食品となっている。

その紅茶キノコを使って誕生したのが、ジオメトリックな形のフルーツアイスキャンデーだ。

 体にやさしいだけでなく、形状をジオ…