オーストラリアの巨大な地上絵「マリー・マン」の謎


 1998年6月26日、オーストラリア中部で人間を描いた巨大な地上絵が、ヘリコプターのパイロットにより上空から発見された。

そこには武器を持った人の姿が描かれていた。

 ボリビアのサハラ・ライン(サジャマ・ライン)に次ぎ、発見された中で世界で2番目に大きいとされるその地上絵は「マリー・マン(スチュアートの巨人)」と名付けられた。

 誰が、いったい何のためにこの地上絵を描いたのか?その謎が長いこと科学者たち…