自ら電気を生み出す「バッテリーレスIoT」にぴったりなマイコンチップ「ONiO.zero」が登場


2020年には次世代通信規格である5Gが日本国内でスタートし、モノがインターネットにつながるIoTがますます注目されるようになると考えられますが、IoTデバイスも電力供給は必要であり、電力を確保できる場所にしかデバイスを置けないことがIoTの可能性を小さくする要因の一つとなっています。

そんな中、電磁波によるエネルギーハーベスティングによってバッテリー不要で動作するマイコンチップがONiOから登場しています。