過去2世紀に渡り、人間の体温は下がり続けている(米研究)


 1860年代から人間の体温が下がり続けているという。

 スタンフォード大学の研究グループが各種の健康データを調べたところ、現在のアメリカ人は19世紀の人たちと比べて、体温が下がっていることが判明した。

 1851年にドイツの医師カール・ブンダーリッヒによって提唱された平熱は37度である。

以来、この説は広く受け入れられ、体調の目安として使われてきた。

だが、現代人の平熱は36.5度前後である。

その体温は10年ごとに…