情けは人の為ならずは本当だった。誰かのために行動すると身体的な痛みが和らぐことが発見される


Zinkevych/iStock  「情けは人の為ならず」ということわざがある。

誤用されることも多いが、正しい意味は「人に情けをかければ(親切にすれば)、相手の為だけでなく、やがては良い報いとなって自分に戻ってくる」という意味だ。

 イギリスの小説家、チャールズ・ディケンズはこんな言葉を残した。

「この世に生きる価値のない人などいない。

人は誰でも、誰かの重荷を軽くしてあげることができるからだ」  そしてこれらは本…