死後の世界と生まれ変わり。死後も人生は続くと主張するアメリカの科学者


Trifonov_Evgeniy/iStock  15年間にわたり前世の記憶があるという子供たちの証言を調べた科学者が、死後の世界や生まれ変わりはきっとあるのだろうと主張している。

 そう主張するのはアメリカ、バージニア大学の小児精神科医ジム・タッカー博士だ。

彼は前世の記憶を持っているらしき子供たちにインタビューを行い、その結果を著書『Life After Life(人生の後の人生)』にまとめた。