ストレスを減らして燃え尽き症候群を防ぐために心理学者が示す5つのヒント


精いっぱい努力したのに十分な結果を得られずに徒労感を覚えたり、大きな目標を達成したあとに虚脱感に襲われたりすることで、過剰なストレスが持続する状態になり、日常生活を送る意欲を失ってしまう病気が「燃え尽き症候群」で、世界保健機関(WHO)の疾病及び関連保健問題の国際統計分類(ICD)にも登録されています。

そんな燃え尽き症候群のリスクを減らすためにはどうすればいいのかを、ランカスター大学のビジネス心理学者で…