脳に直接信号を送る「視覚インプラント」で6年ぶりに光を取り戻した女性(スペイン研究)


yhiae ahmad from Pixabay  白い厚紙に引かれた黒い線を指差して、ゴメスさんは「そこよ」と口にした。

 彼女は42歳のときに中毒性視神経症で眼球と脳をつなぐ神経がダメになり、完全に視力を失った。

それからの16年間を暗闇の中で過ごしていたが、再び視覚を得られるチャンスが与えられた。

 それは小さなカメラを仕込んだメガネのおかげだ。

カメラの映像はコンピューターで処理されて、電気信号に変換される。

その信号は…