なんという神々しさ!頭に永遠なる者の栄光の冠をつけた猫


 仏の世界でいうところの後光、神の世界でいうところの永遠の火を身につけし猫がいたようだ。

その猫の頭部は光で満たされていたのである。

 前々から猫は神の使いだとか、ネコと和解せよ、とか言われていたが、ますますその可能性が濃厚になってきたぞ?