野生のコウモリからこれまでで最も新型コロナウイルスに近いコロナウイルスが発見される、「人工ウイルス説」を否定する新たな証拠か


中国・山東第一医科大学の研究チームが、「これまでに報告された中で最も新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に近いゲノムの領域を持つコウモリコロナウイルスが、野生のコウモリから見つかった」と発表しました。

この発見により、新型コロナウイルスが人工的に作られたのではなく、自然から発生した可能性が高まると見られています。

...