モフモフの毛を持って生まれてくるノウサギの赤ちゃん。すぐにピョンピョン動けるように


 ノウサギ(野うさぎ)と一般的に飼育されているウサギは良く似ているけど違いがある。

英語では明確に区別されていて、ノウサギは”Hare”と呼び、ウサギは”Rabbit”と呼ぶ。

 見た目の違いは並べてみないとわからないほどだが、ノウサギの方が後ろ脚が長く、耳も長いそうだ。

だが赤ちゃんとなると明確な違いがあるという。

 ノウサギの赤ちゃんはふさふさの毛に覆われたまま生まれてきて、目もすぐ見えるようになり、1時間後…