中世のロングボウから放たれた矢が現代の銃と同じような傷を相手に与えていたことが判明


中世イギリスで使われたロングボウは、相手の甲冑を貫通できる強力な武器だったと伝えられており、アジャンクールの戦いなどいくつかの重要な戦争で勝利を決定づけた要因となったといわれています。

そんな中世のロングボウが「銃創に似た傷を作り、骨すらも貫通する威力を持っていた」と、エクセター大学の考古学者チームが発表しました。

...