サタンの福音書:グラン・グリモワール(大奥義書)とは?


グラン・グリモワール(大奥義書)/iStock 「赤い竜」もしくは「サタンの福音書」とも呼ばれることもある、グラン・グリモワール(大奥義書)は、強大な力を持つと言われる中世の悪魔の手引書だ。

 伝説によれば、テーベのホノリウスという怪しげな人物によって書かれたもので、ホノリウス自身がサタンに憑りつかれていたという。

グラン・グリモワールは、現存するもっとも強力なオカルト書のひとつで、悪魔を呼び出すさまざま…