爆弾や危険な化学物質の匂いを検知。エアバスが「電子の鼻」を飛行機内に設置するって


Image:AIRBUS生きた細胞とマイクロプロセッサーによるバイオテクノロジー。

航空機のAIRBUS(エアバス)と、脳や生命体が持つ器官を科学するウェットウェア企業Koniku(コニク)が提携し、爆弾や危険な化学物質の匂いを検知するクラゲ型デバイスを開発しています。

パンデミック蔓延で生物兵器にも対応するよう方向転換AIRBUSいわく、最初は爆発物にのみ対応するよう作っていたものの、新型コロナウイ …