声かけ次第で夫婦・親子関係がスムーズに。家庭内摩擦を和らげる方法2つ


良かれと思って行った声かけも言い回しひとつで相手のストレスになったり逆鱗に触れたりとうまく機能しないことも。

相手に共感しながらのメッセージで関係性改善が図れそうです。

また10分間子どもに主導権を渡すバンキングタイムで関係性の資本が蓄えられそうです。