考古学者が「聖杯」と呼ぶタスマニアタイガーが描かれた200年前の粘土製パイプが偶然発見される(オーストラリア)


タスマニアタイガーが描かれたパイプが発見される image by:  オーストラリア、タスマニア島で絶滅したとされる、タスマニアタイガー(フクロオオカミ)が描かれた粘土製のパイプがボトルコレクターにより発見された。

少なくとも190~200年ほど前のものとみられている。

   白粘土を素焼きした状態の良いこのパイプは、タスマニア考古学を興奮させた。

彼らにとっては"聖杯"のようなものなのだという。

『ABC News』などが伝えて…