死際に断末魔の叫びをあげ、仲間に危険を知らせる細菌が存在する(米研究)


悲鳴を上げ仲間に危険を知らせる大腸菌/iStock  目の前に危険が迫っている。

自分はもうだめだけど仲間は助けたい。

そう感じるのは、人間、動物、植物のみならず細菌も同様のようだ。

 細菌の中には、死際に断末魔の叫びをあげ、群れの仲間に危険を知らせる種がいるのだそうだ。

それは進化をうながし、薬剤耐性を獲得させることすらあるという。