世界最古の短編映画がカラー化。映画撮影の背後に隠されたミステリーとは?


 解像度の荒い画像を鮮明にするなど革新的なAI技術の用途は広がる一方だが、近ごろネットで世界最古の映画のデジタルリマスター版が話題を呼んでいる。

 映像はフランスの発明家ルイ・ル・プランスがおよそ130年前に撮影した「ラウンドヘイの庭の場面」のコマをニューラルネットワークで補いカラー化し、より見やすくしたもの。

 自身が発明したカメラで映画史初となる撮影をしたにもかかわらず、わずか2年で謎の失踪を遂げ…