KubernetesのCPU limits設定時における「不要なスロットリング」を回避する方法とは?


Kubernetesを使った大規模なコンテナ管理を行う場合は、コンテナがノードのリソースを使い切ってしまうのを防ぐために、Podのオプションとして「requests」と「limits」を記述しておくのがベストプラクティスとされています。

しかし、SNS管理サービスのBufferのエンジニアであるEric Khun氏は、CPUのlimitsを使わずにKubernetesを運用し、サービスの高速化に成功したと語っています。

...