「機内が暑すぎたから」と訴えた女性、非常口を開け飛行機の翼を歩くという暴挙に(ウクライナ)


「暑かったから」飛行機の翼に乗った女性 image credit:boryspilchany/Instagram  「太陽が眩しかったから」という理由で殺人を犯してしまったのは、カミュの小説「異邦人」に出てくるムルソーだが、これはフィクションの話である。

 だが現実の世界では「機内が暑すぎたから」という理由で、飛行機の非常口を開け、翼の上を歩きだす女性ならいたようだ。

 ウクライナに到着した飛行機の非常口を勝手に開放し、翼の上を歩き…