わずか50年で地球の野生生物は3分の2以下に激減していたことが判明(WWF環境報告書)


野生生物が50年で3分の2以下に減少 / Pixabay  私たちが当たり前に思っている暮らしは、実は地球の環境に大きな打撃を与えていたようだ。

過去50年で、陸上の4分の3、海の40%が大きく劣化し、地球上の野生生物は50年足らずで3分の2以下にまで激減してしまったそうだ。

 世界自然保護基金(WWF)や国際応用システム分析研究所(オーストリア)のグループは、4000種の脊椎動物を追跡調査し、1970年から2016年にかけて平均68%にま…