10万分の1の確率で生まれたアルビノのオットセイの赤ちゃん。オレンジ色の体毛にピンク色のヒレ(ロシア)


image credit:bigdaddivladi/Instagram  先天的にメラニンが欠乏する遺伝子疾患を持つ「アルビノ」はごく少数ながら一定確率の割合で生まれてくる。

人間を含む様々な動物にみられるが、オットセイの場合、その確率は10万分の1というから、かなり珍しい。

 このほど、キタオットセイやトドなの繁殖地として知られるロシアのオホーツク海に浮かぶチュレーニー島(海豹島)で、アルビノとみられるオレンジ色のオットセイの赤ちゃ…