テスラが暑い車内に取り残された子どもを検知する新技術を開発中


エンジンを切った車の中は夏であれば1時間で50度ほどにまで上昇することがあり、車内で待っていた子どもが熱中症になることや、最悪の場合は死に至ることもあります。

アメリカでは2018~2019年で50人もの子どもが車内で熱中症により死亡したとのことで、テスラはこのような事故を防ぐべく、新たに「車内に残った子どもを検知する仕組み」を開発しています。

...