1本の人骨から明らかとなった「人類の流れを変えた4000人規模の大戦争」とは?


ドイツ北東に流れるトレンゼ川流域で、数キロ四方にわたる大規模な遺跡が1996年に発掘されました。

この遺跡は紀元前1200年頃にあった大きな戦争の跡だとされています。

この3000年以上前の戦場から何がわかったのかを、科学雑誌のScienceがまとめています。

...