3万年前のホラアナグマのミイラが永久凍土から完璧な状態で発見される(ロシア)


氷河期のホラアナグマが永久凍土から発見 image by:NEFU RIAEN  北極圏のシベリア東部、ロシア領のリャーホフスキー諸島の永久凍土で、氷河期のホラアナグマのミイラが2体発見された。

2体は母グマと子グマとみられており、別々の氷の壁の中から出てきたという。

 母グマの方は2万2000年~3万9500年前のものと推測されており、体の軟組織が完璧に残った状態で発見されたのは初めてだという。