鋼の合成術。「ステンレス」の起源は1000年前のペルシア時代にあった(英研究)


ステンレスの起源は予想以上に古かった / Pixabay  炭素鋼に1%前後のクロムを添加した組成を持つ合金鋼をクロム鋼と言う。

更にクロムを10%以上含ませたものはステンレス鋼となる。

 腐食に対する耐性を持つ合金鋼「ステンレス」が発明されたのは、一般には1910年代のことであるとされている。

 ところが英ユニバーシティ・カレッジ・ロンドンをはじめとする考古学者グループによる新しい研究によると、じつは1000年前のペル…