製薬会社が「競合他社を妨害」するため不当に薬を値上げしていたことが判明


製薬会社のセルジーンとテバ・ファーマシューティカル・インダストリーズ(Teva)が、多発性骨髄腫治療薬「レブリミド」と多発性硬化症治療剤「コパキソン」の価格引き上げを不当に繰り返し行っていたことが、アメリカの下院監視委員会の約18カ月にわたる調査によって報告されました。

...