真っ赤に染まる月。ギガ火災が発生中のカリフォルニアの夜空で不気味な満月(アメリカ)


 記録的な山火事が続くアメリカ西部カリフォルニア州では、10月4日までの焼失面積が400万エーカー(16,200平方キロ)を越え、「ギガ火災」と呼ばれるようになった。

この火災は現在、州内で最大規模の山火事となっている。

 そんな中、同州シャスタ山をのぼっていく月の映像が話題となっている。

山火事から立ち昇る膨大な煙により、満月を迎えようとする月が真っ赤に染まり、アポカリプス(黙示録)を予感させるような不気味な…