未解決事件簿:12人を斬首した正体不明の連続殺人犯「キングズベリー・ランの屠殺人」(アメリカ)


キングズベリー・ランの屠殺人/iStock  全世界が世界恐慌の打撃を受けていた1935年から1938年にかけて、アメリカ、オハイオ州クリーブランドではさらに大変なことが起こっていた。

 正体不明の連続殺人犯により12人惨殺されたのだ。

被害者は全員斬首されており、四肢が切りとられているものや胴が半分に切断されているものもあった。