ほぼソーセージだけで生きてきた少年がFaceTimeの催眠療法で脱ソーセージ生活へ


肉や魚、野菜、パン、スナック菓子、チョコレート、清涼飲料水といったあらゆる食べ物を受け付けずにソーセージしか食べられなかった少年が、FaceTime越しに行った2時間の催眠療法とそのフォローアップのみで、一生食べられないと思われていた「普通の食事」を口にすることができるようになったと話題になっています。

...