有毒汚染が原因か?極東カムチャッカ半島で海洋生物が謎の大量死(ロシア)


ロシアの海で謎の大量死 image credit:Alec Luhn/Twitter  極東ロシアのカムチャッカ半島の広い海域で、9月はじめから1か月ほどにわたり、海洋生物の95%が大量死するという謎の事態が発生した。

 現在、ロシア捜査委員会と科学者らがその原因を調査中だが、なんらかの有毒化学物質が海に流出したことが原因ではと推測されているという。

『abc NEWS』などが伝えている。