月経不順が早死リスクと関連するという初の科学的証拠が示される


アメリカで暮らす看護師約8万人を対象とした24年にわたる調査から、月経不順と早死を関連付ける証拠が初めて示されました。

思春期および成人期を通して生理不順や生理周期の長期化を経験した人は70歳までに死亡する確率が高いとのこと。

この関連性は心血管系疾患やガンに関連する死の場合に、顕著に見られました。

...