ハッカーが州のウェブサイトから有権者情報にアクセスし脅迫メールを送っていた


日本時間の2020年11月3日夜からアメリカでは2020年大統領選挙が始まるため、選挙に関係するハッキングや誤情報の拡散に対する警戒が強まっています。

10月27日にはトランプ大統領陣営の公式サイトがハッキングされ「このサイトは押収された」と表示されるなど被害も発生していますが、新たに、イラン系のハッカーによってアメリカ10州のウェブサイトがハッキングされ、有権者情報が流出したことが明らかになっています。