6800万年前を生きたクリップ型のイカのような姿に見える水中生物は200年の寿命を持っていた(米研究)


クリップのような形をしたディプロモセラス・マキシマムの寿命は200歳 image by:James McKay  6800万年前、陸上ではティラノサウルスが大暴れしていた頃、海の中には紙を束ねるクリップのような、それでいてイカのような姿の生物がいた。

 クリップといっても巨大で「ディプロモセラス・マキシマム(Diplomoceras maximum)」の体は1.5メートルあった。

ついでにイカに似てはいても、すでに絶滅したアンモナイトの仲間だ。

 …