人はハッピーエンドに固執するあまり自分に不利な決断をしてしまいがち


「終わりよければ全てよし」という言葉がありますが、研究者が実験を行ったところ、人はハッピーエンドに執着するあまり合理的とはいえない決断を下してしまうことがわかりました。

何か決断を行うときはこのことを自覚し、直近の印象に左右されるのではなく長所と短所を挙げてじっくりと検討する必要があると研究者が呼びかけています。

...