運動の強度は高齢者の死亡率に影響を与えないとの研究結果


運動は健康を改善する上で最も重要な活動の一つであり、特に老化で筋肉が衰えてさまざまな問題が発生しやすい高齢者では運動が重要です。

大規模な観察研究の結果からも、身体活動が活発な人ほど死亡リスクが低いことが知られています。

「運動の強度」と死亡率について調べた新たな研究では、運動の強度そのものは高齢者における死亡率に影響を与えないことが示されました。

...