10〜50代の「幸福の定義」はまったく違う。 1200万件の調査で判明


Aaker教授らは、1200万件におよぶ個人ブログの投稿記事をくまなく調べ、人生や感情について語る人々がどのような言葉を使っているかを分析しました。

その結果、幸せの定義が、年齢とともに、大きく、しかし予想通りに変化することがわかったのです。