新型コロナの流行によりウェアラブル端末を用いた追跡に注目が集まる


2020年11月に入って日本でも再び感染者数が増加している新型コロナウイルス感染症(COVID-19)。

アメリカでは学生がCOVID-19に感染しているか否かを追跡するために、皮膚温度やその他のバイタルサインを継続的に測定することができるウェアラブルセンサーの導入を検討している大学もあるそうで、他にも複数の企業や団体がCOVID-19を追跡するためのウェアラブルデバイスを活用しようという動きを進めています。

...