地球は26秒ごとに脈動している。発見から60年が過ぎた現在も原因は不明


地球脈動ミステリー / Pixabay  人間には感じられないレベルだが、地球は26秒に1度の周期で脈動している。

脈動とはその名の通り、表面には現れないが、脈が打つように絶えず力強く動いていることだ。

 脈動は地震の振動とは異なる。

ではどこから発生しているのか?地球脈動発見から60年、謎の現象をめぐる議論について、『Discover』が解説している。