エリア51の敷地内から不吉な雲が発生していた。


 ネバダ州ラスベガスの北西に位置する「エリア51」は長い間政府機密事項とされており、その存在は「公然の秘密」とされていた。

2015年3月15日、米中央情報局(CIA)は、「エリア51」の存在を認める文書を公開し、ようやくその存在が明らかとなったのである。

発表された内容によると、冷戦時代に米政府が開発したU2型偵察機の試験場というのがエリア51の存在理由であるが、それでも陰謀論を唱える人々は懐疑的な目で見ている。