永久凍土が解け、毛が残された状態のケブカサイの子供が発見される(ロシア)


永久凍土が融解し毛がふさふさのサイ、ケブカサイの子どもを発見 image by:The Siberian Times  これまで永久凍土に覆われていたシベリアの大地だが、温暖化の影響で融解が進んでいる。

そして明らかになりつつあるのは、ツンドラが先史時代の動物の紛れもない墓場であるということだ。

 サハ共和国で今回新たに発見されたのは、約2万から5万年前の氷河期に生息していた「ケブカサイ」の子供だ。

ほぼ8割が無傷という非常に良好…