人は「視線」を物理的特性を持ったビームのようなものだと暗黙のうちに考えている


人間は視線に敏感な生き物であり、アイコンタクトでコミュニケーションを取ることができるだけでなく、日常のふとした瞬間に「誰かに見られている」と感じることもあります。

近年の研究では、「人は視線を物理的特性を持ったビームのようなものだと暗黙のうちに考えている」ことが判明していると、科学系メディアのScientific Americanが解説しています。

...