アメリカと中国の貿易戦争によりGPUとマザーボードの価格が急上昇する可能性がある


トランプ政権は「情報通信上の懸念がある」として中国の通信機器などに厳しい制限を課してきましたが、価格上昇の懸念からグラフィックカードやマザーボードなどのパソコン関連製品は追加関税のリストから除外されていました。

しかしその法律が2020年12月31日に失効し、以前から勢いを増しているアメリカと中国間の貿易戦争とは無縁だったハイテク機器の愛好家に厳しい現実が迫ろうとしています。

...