配達員さん、あなた疲れているのよ。ガラスのドアに気が付かず全身でぶつかるもあわてず騒がず郵便物を置いていく


 コロナ禍とホリデーシーズンが重なって、年末の配達員の忙しさは尋常ではないレベルに達していたはずだ。

窓ガラスがわからないほどに。

 年末のある夜、ある家に配達物を届けに来たアメリカの宅配業者「UPS」のドライバーは、それがガラスのドアであることに全く気が付かなかったようだ。

 だもんだから通ろうとして全身を強打してしまう。

だが彼はぶつかったことに動じることもなく、郵便物を玄関わきに置き、「UPSです」…