おい待て、ちょっと待て!塗りたてのコンクリートに犬が接近、悲劇はこの後すぐ!


 例えば雪、積もったばかりで誰も足を踏み入れていない雪の最初の一歩を踏むのは楽しいものだ。

犬だって庭駆け回っちゃうぐらいだ。

だがそれがコンクリートだとどうだろう?  この家では庭にコンクリートを敷き詰める作業を終え、玄関で作業員と家主が話し込んでいた。

その隙間から現れたのは飼い犬のクロウリー。

 家主が引き止めるのも聞かず、嬉々としてコンクリートの上を!