「他人の糞便を移植すること」が免疫療法の効果がないがん患者の治療に役立つ可能性


2021年2月4日、ピッツバーグ大学のハッサン・ザルール教授らは、免疫療法の薬の効果が表れない患者に対し適切な腸内細菌を投与することで、免疫療法に対する患者の免疫反応を改善し、病状の安定や腫瘍の縮小が認められたとの研究論文を発表しました。

...